--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-03-06(Sun)

フジミ F355ベルリネッタ 9

タイトルはあれですが、進めたわけではありません。
前回の報告後、フジミに催促をしてやっと先日送付されてきたリアウインドウの報告です。
残念ながら若干隙間が出来てドンピシャとはいきませんがずいぶんましな物を送付してくれました。
Fujimi_F355_17.jpg

左が送付してきた分、右がキット付属分
Fujimi_F355_18.jpg

部品はランナーに付いた状態で送られてきたので、成形後調整したわけでは無さそうですが、ずいぶん時間がかかったのはどういうわけでしょう?
さきごろF355チャレンジとか価格改定再販がされたようですが、今流通している分が正常であると願いたいですね

で、68C3の現状です。
ボンネットは前端まで鋸でさっくり切り込みを入れボンネット後のスリットのあるパネルとその後のモールの縁取りが入るパネルごと後縁で1㎜程上げて傾斜を付けました。
リア上部の峰のラインは一度撤去してやや内側に1㎜角棒にて新造し、リアホイールアーチ後上部左右は表面のプラスチックが無くなりプラリペアの裏打ちが露出するくらい削りこんであります。
68C3_23.jpg
68C3_25.jpg
68C3_24.jpg

ここまでたのが3/3の記事を書いた直後で、今度こそ納得できるラインが出てきたかなと思いましたがもう一つ確証が欲しかったので今月に入って在庫確認をしていた レベル(モノグラム)1/24 78 コルベット インディペースカーを買うことにいたしました。
C3問いあわせ

今日は届いたレベルのキットを眺めて時間がたちましたが、一段あがったフロントウインドウから来るラインに合わせる為ドア内側に貼ったドア上部にモールが入るラインになる部分の左右幅(ドア上端の左右幅)がレベルのキットとさほど変わらない幅になっているので、レベルのキットのウインドウを透明レジンで複製できれば何とか行けそうな気がしてまいりました。
68C3_26.jpg

eBayの部品販売サイトで見つけたボンネットパネルの写真から割り出し左右から1㎜ずつ程詰めたボンネットですが、幅もフロントウインドウからボンネット先端までの長さもレベルのボンネット部品とほぼピタリと重なる寸法になっていたのは我ながら驚きました。
割り出したといっても延長後のキットのボンネットの長さとeBayの部品販売サイトで見つけたボンネットパネルと縦横の比率計算が根拠でテールの幅の時のナンバープレートのような寸法の基準となる物がないお粗末で確証のないものでしたから(笑
レベルのキットとほぼ一致したことで確証が得られた感じとなります。

2016-03-03(Thu)

アリイ70C3その3

70C3の方も68C3と同様にザックリ切り込みを入れてテール幅の修正を行ってみました。
次いでファストバックの裾が長すぎるようなので5㎜程詰めてみましたが、当然的に太くなる裾のエッジを細くする為に外側から削りこむと案の定穴が空いてしまいました。
後述する68C3でキャビン幅詰めに踏む切っていた為、ここの幅が更に内側に狭くなるので裏打ちは考えずF355のテールランプ直前のボディサイド後端と同様にプラバンに置き換える予定です。
70C3_11.jpg70C3_12.jpg
テールサイドのエポパテ(ウェーブ軽量タイプ)はテールの折り曲げ加工で部分的に剥がれが出た為いったん全撤去しクレオスの高密度タイプに入れ替えてあります。

先行させている68C3の現状
幅詰め終了したテールと上部の峰のラインの幅詰めを行っているフロントの写真
68C3_17.jpg68C3_18.jpg
ボンネットのラインの幅はeBayの部品販売サイトのボンネットパネルの写真より割り出し左右1㎜ずつ程詰めてみました。

ドア上部の断面をエポパテを盛り修正していましたがやはり気に入らないので、結局フロントウインドウ枠を切り飛ばし伽本部の幅を左右1㎜ずつ程詰めることにしました
キャビン中央部の幅が一定の部分を上からステップ部分まで鋸で切り込みを入れ、ステップ上部を支点にサイドの峰の部分で1㎜狭くなるようにして固定し前後をそれに併せて削りこんで調整してみました。
68C3_19.jpg68C3_20.jpg
右サイド未処理、左サイド幅詰め処理中

まだ幅詰め佐合は完了していませんが左前後の状態はこんな感じです
68C3_21.jpg68C3_22.jpg

まぁこれでキット付属のウインドウ部品は使えないこととなりどちらのC3も完成からは遙かに遠のいてしまった感があります。

2016-02-28(Sun)

アリイ コルベットZR-1スピードスター(仮)

検証用に新たに購入したアリイのC4コンバーチブルキットを成仏させる手段としてモノグラムのスピードスターのスナップキットと二個一をしてZR-1スピードスターにする方法を検討してみます。

まずアリイのキットの全ての問題点のルーツであり、最大かつ最も修正の手間がかかる部分がボディサイドなのですが、なるべく手間をかけずに修正する方法を探ります。
先日計測したフロントホイルアーチ直後の断面をInkscapeでなぞって重ねてみました。
C4フロントフェンダー直後の断面



以後不定期に追記していきます

2016-02-26(Fri)

フジミ F355ベルリネッタ 8

テールの面構成を形成する上で実車の黒い部分がどうしても邪魔になるので取っ払い後に削りこむこと少々、若干の摺り合わせ作業はまだ残っていますが何とかそれっぽくまとめることが出来ました。
テールランプの付くパネルは高さが不足しているようなので下側に0.5㎜プラバンを貼り調節してあります。丸穴下端からパネル下端も高さが不足している感じが直ってまぁこんなもんかなと。
Fujimi_F355_15.jpgFujimi_F355_16.jpg

特に好きな車種ではありませんがF355よりは好きなC3(笑)
’68C3は特に項目を設けた記事がありませんので適当にオマケとして併記していきます。
テールランプの位置がおかしいといくつかのブログでおかしいと指摘されていますので検証してみましたが、国内の中古車販売サイトで写真を探しナンバープレートの幅(330㎜)からテールランプのピッチを割り出してみました。
1/24換算でのテールランプ部分の幅はほぼスケール通りでしたが、テールのパネル全体の幅が広すぎるようです。
ザックリと切り込みを入れ修正することとします。
68C3_16.jpg
ファストバック状態ではさほど気にならなかったのですが、コンバーチブル状態にした後リアホイルアーチ上部から後方の絞り込みが不足している感がありましたが一緒に修正できて良い感じかも知れません。

最初に検証していればリアフェンダーの幅を詰めるときに一緒に行えた行程なのかも知れませんが、当時はファストバック状態でしたので、先人のブログ様の記事を参考にテールランプを外側に寄せルカ何かで良いとも思っていました。
テールグリルの幅詰めですが、平らなコンバーチブルだから単に詰めれば良いので楽ですが、ファストバックを残した70の方は単純にいかないので思案中です。
このキットはフロントの前方の絞りも不足している感があるのですが、フォグランプが収まるグリルを作り直すまでにはなれませんので写真はまだ撮っていませんが上側の峰のラインを若干絞る感じで進めております。
あと気になる点はキャビン部分の幅が若干広い感、それよりも更にキャビン開口部の幅が広い(ドアの厚みが薄い)のではないかと思っておりますが、それの修正=フロントウインドウを丸ごと作り直すことになるのでどうだかなぁと思っています。
①フロントウインドウを作り直すなんてやってられるjかと現状維持
②キャビン部のボディ幅そのままで開口部の幅減=フロントウインドウ作り直し
③キャビン部の幅減&開口部の幅さらに減で理想を追求する=フロントウインドウ作り直し
三つの選択肢が見えてきましたが、②はまず無いでしょう。①もしくは③になると思いますが、モノグラムの1/24のキットを一つ入手できればフロントウインドウ部品を死しこんで型取り&透明レジンで複製で楽に③の可能性も見えてまいります。

2016-02-26(Fri)

フジミ F355ベルリネッタ 7

疲れて見るのも嫌になり一週間程模型から離れて放置していましたが、気を取り直して再開です。
後部左右の完全に裏打ちの黒瞬間のみの部分を切り取ってテールのパネルの幅に合わせてプラバンで新造し、スポイラーのボリュームを若干増やす為に上部のエッジ部分にプラバンで縁取りを付けましたがここはエポパテで仕上げる予定。
一週間の冷却期間後あらためて見直すとはやりスリットの部分が気に入らないので取っ払って裏からプラバンで蓋をし、この上に並べていこうと思っています、
Fujimi_F355_13.jpgFujimi_F355_14.jpg

フジミの方から返答が来ましたので2/9に早速写真を添付て返信してはおきましたが案の定なしのつぶてです。
フジミ問い合わせ2Fujimi_F355_04.jpg
もう一度返信をするか電凸をするか思案中
プロフィール

J6K1

Author:J6K1
現在はニワカビギナーカーモデラーをやってます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
月と星と妖精ダストのブログパーツ ver2
検索フォーム
リンク
カウンター

FC2Ad

まとめ

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。