--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-05-12(Sun)

TA2024キット(NFJ) 3号機の改造その3

一度完成した基板をいじっているのでタイトルは改造となっていますが今回は基板本体の加工はありません。
今回はケース加工のお話です。
お亡くなりになった2号機の基板をテンプレートに使いケース内での設置場所とVRの穴開けを行いました。
2024_03_o.jpg
加工した取り付けボスを基板裏に取り付けます。
2024_03_p.jpg
右側にはカップリングコンデンサを置く場所が欲しいので、左側に7247基板1枚分の拡張スペースを取り、右側を少しでも広く空けておきます。
2024_03_q.jpg
VR穴のトリミングやテーパリーマでのメクレ取りなどは模型製作で使うこのような道具を使いました。ヤスリと異なり切削中も切削場所が道具で隠れること無く見えます。アルミ程度ならサクサク削れますしヤスリのように細かい切り粉が出ず、出るのはカンナで削ったような感じの大きめの切り粉なので掃除も楽ですね。
当ブログおすすめの逸品です!

2024_03_r.jpg
ボスをケースに固定したら、買ってきたI/Oパーツを並べてみます。ケースの高さが低いのでスピーカー端子は上下に並べるとほぼギリギリで外部の配線の取り付けが辛くなるので横に並べても今度はケース幅いっぱいいっぱいで基板に被さってしまします。
端子台を取り払えば取り付けは出来そうなのですが、基板を出し入れするたびにスピーカー端子を外さなければならなくなります。もう一回り大きなケースを買えば良かったかなと少し後悔。


Webで検索しても小さなスピーカー端子は見つからず、途方に暮れて現実逃避を行います。
手配線で2020アンプを作る計画をしているのですが、データシートのままだと見づらいので、実際に配線を行う場合の見取り図的な図面を描いてみました。
2020_a.jpg
まだ未完成ですし精査も充分には行っていませんので参考に作ってICは壊れても当局では一切関知いたしません。
また、一応この図面の著作権は私にありますし無断転載は固く

           ハ,,ハ
         iレ( ゚ω゚ )`l    お琴割りします
      .__ |l | f _____U_
     l`l`ξ レ ζ==`l`l バキーンッ !!
       `⌒)宀宀(⌒  ̄ ̄
作図中にふと思い出したことがありまして、そう、術後様態が急変しお亡くなりになった鎌ベイさんの遺品です。
ネジロック材がガッチリと付いていたので結構手こずりましたが何とか取り外すことが出来ました。
2024_03_s.jpg
見た目は買ってきた物の方が良いんだけど、鎌ベイさんに付いていたようなコンパクトなのってどこかに売っていないかな?
2024_03_t.jpg
これなら縦に赤黒配置しても若干の空間が空き基板に被さること無く、右端にDCジャックも置けそうです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

J6K1

Author:J6K1
現在はニワカビギナーカーモデラーをやってます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
月と星と妖精ダストのブログパーツ ver2
検索フォーム
リンク
カウンター

FC2Ad

まとめ

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。