--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-05-07(Tue)

YDA138キット(NFJ) 6号機~8号機

138の5号機でのテストが良い塩梅なので気を良くしたので、かねてから予定していた138ツインモノラルを始めてみようと思い少し組んでみた。平行して明後日位に届くコンデンサを組み込むための6号機も組み立てを行う
音を出すだけなら電解コンデンサのCT1,CT2,C7,C8は1箇所だけ載ってれば良いので、以前3号機に載せていたME-XAを流用して載せておく。CT2には先日NFJさんから届いたME-XAを、高さの制限が無いのでC7とC8にはPC用の1000μF位の8㎜径で20㎜位のが買えると思うのでそのうち買って載せよう。
ステレオ仕様でC3とC4に載せる積層セラミックコンデンサは5号機でのテストによりフィルムコンデンサへの置き換えが好調なので、昨日はサイズの関係で載せられなかったMKT1826の2.2μFを1個ずつC3の位置に載せた
6号機は至ってノーマル状態なのでテスト前の仮組写真は省略。
138_07and08_a.jpg
左7号機、右8号機8号機は単独での音出しテスト終了まではマスター、インターナル設定で行う

RCAジャックの余剰が出来たので昨日のユニバーサルボードに取り付けた。ヘタレなのでユニバーサルボードで組むときは大きい部品から入れていかないと後で入らなくなることが多々あり、今回は後ろから埋めていこうと思う。
XXXX_XX_d.jpg
チョークコイルも用意した。いつものブルー1色では無く、赤黒の足にしたのは視覚でVDDとGNDをわかりやすくし間違いを防ぐため
XXXX_XX_e.jpg
RCAのGNDは折り曲げて最後列に作ったGNDラインに繋いでます。

と、ここでアクシデント発生。6号機のヘッドフォンの右から音が出ない。配線を1ピンからテスターで追うも異常は無いスピーカーの方からは普通に出てるけど1ピンからの出力が行われていないようだ。
仕方がないので7号機と組み替え6号機と8号機でツインモノラルを組むことに変更する。ツインモノラル構成では右チャンネルのヘッドフォン出力は元々使わないからだ。
7号機は取りあえずヘッドフォン出力に異常が無いことの確認を行い、あらためてインダクターをと出力端子を取り付けスピーカーからの出力も異常が無いことを確認したが、6号機付属のVRのギャングエラーがひどすぎたので8号機付属の物に換装あまりにばたばたしたので途中の写真など撮る余裕は無かった。

あらためてペアにした6号機と8号機。
138_06and08_a.jpg
フィルタは1組でと思っていたが、2組載せればインダクタの抵抗が半分になる計算になると思い通常通り2組載せることにした。5.1chのリアやセンターパートの機材とは違いこんなところでケチっても意味は無いのである。

音出しテストを終えた7号機
138_07_a.jpg
フィルタコンデンサが載っていないが、選別が必要なためで構成は決めてある。6~8号機の3台はいずれもMKC1862 0.22 μFとKC1850の0.01μF

138専用ケースはまだ1セット残る計算になるので、6Ω専用機をそれで組むか、ツインモノでもう一組組むか・・・いずれにせよ6Ω専用機が1台は必要なので組まなければならないし、今後の保守用に予備も数セットは必要だろうと考えている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

J6K1

Author:J6K1
現在はニワカビギナーカーモデラーをやってます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
月と星と妖精ダストのブログパーツ ver2
検索フォーム
リンク
カウンター

FC2Ad

まとめ

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。