--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-05-02(Thu)

マルツさんで買ってきたもの

今日は近所のマルツさんでいろいろ買ってきた
消耗品の補充ついでにいろいろ買ってきました
20130502_marutsu.jpg
左上:1MΩx8本,1KΩx4本,1Ωと2Ωと3Ω各2本の抵抗器1~3ΩはアナログアンプICの電流帰還化実験用
右上:見てのとおりの吸い取り線
左中:今回はお徳用サイズを買ってきた
右中:3㎜スモークレンズ仕様のいつものカラーLEDとファインゴールと1000μF10Vx2と低Zな1000μF10VとアナログアンプICの電流帰還化実験に使う2KΩ半固定抵抗
左下:銅箔テープ、ユニバーサル基板にGNDラインを引きたいなと思ったのでテープじゃない銅箔が欲しかったけど取りあえず糊を落とせば良いだろうって感じ。
右下:2024キットの空芯コイル仕様のでも入れてみようかと買ってみた。SP端子は1ペア分しか在庫が無かったので注文してきた。


1MΩと1KΩの抵抗器を買ってきた理由
抵抗器_a
NFJキット付属の抵抗器はごらんのように鉄足なのです。ノギスで摘んだ時の感触もって感じで(笑)、DALEやマルツで買ってきた抵抗(KOA製?)はもちろん鉄足じゃありませんので磁石にはくっつきません。回路的に音質に影響が無い(特にLED保護抵抗の1KΩ)と言っても鉄足抵抗器がノイズの発生源であることには違いないので気分的に許せなかった(笑)マルツで買ってきても1本税込み21円だしそれで満足できるなら安い物だと思う。
キットの価格が価格だしNFJさんを責めても仕方がないことなので責めてるわけでも無く、キットはあくまでも素材だし各人が納得のいく部品を使えば良いって事で安価な素材を提供してくれる事には感謝しております。
組み立て中の2020キット4号機の抵抗器が一部未装着だったのはこれが理由で、後ほど1,2号機も鉄足抵抗器の撤去を行います。
抵抗器本体はDALEもマルツで買ってきたものもくっつくけどこのあたりは今後の課題という事で。


抵抗3本とME-WXを取り付けてしまえば4号機は完成ですが、完成した程度のことで今更新しく記事を起こすことも無いと思うので追記しておきます。
当たり前のように当たり前の、でもこの組み合わせだとやはり共言うべきか、面白味に欠ける音はちゃんと出たので放熱器を取り付けますが、取り付ける際にはしっかりとICの取り付け部の脱脂を行います。
T01.jpg
何を使っても良いでしょう。私の場合は趣味がてらこの手の溶剤には事欠かないのでこれでやりました。
2020_04_f.jpg
放熱器を付けた状態

2020_01and02_b.jpg
1号機と2号機の鉄足抵抗器の撤去も終わりました
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

J6K1

Author:J6K1
現在はニワカビギナーカーモデラーをやってます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
月と星と妖精ダストのブログパーツ ver2
検索フォーム
リンク
カウンター

FC2Ad

まとめ

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。