--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-04-25(Thu)

TA2020キット(NFJ) 1号機と2号機の改修

2020_01and02_a.jpg
1号機(左)
懸念になってはいたけどほったらかしになっていた10、8.25K、20Kの抵抗器をDALEの抵抗に換装とVR横のマイラーコンデンサの撤去を行いついでにLCメーターが無い頃に付けていたカップリングコンデンサをいったん取り外し、容量測定を行い再度取り付け直しました。2個の容量差は0.01μF程度でしたのでそのまま使用することにします
2号機(右)
NFJからME-WX 2200μFが届いたので基板後部に取り付けました。
2020_02_d.jpg
2号機(裏面)
電源平滑部に138キット同様チップタンタルコンデンサ(47μF)を追加してみました。
写真のようにLEDの足の部分にはオプションセットのチップセラミックコンデンサは使用せず、LEDの足に別途購入した同容量(0.1μF)の積層セラミックコンデンサを付けています。

早速燃えました
2020_02_e.jpg
入院中に病室内で(汗)爆発事故を起こした138キット4号機の時のような派手な音や、破片が飛び散る事(専用ケース内の事でしたので大事には至りませんでしたが)は無かったのですが通電直後にブシュッという音がして黒焦げになってしまいました。先の装着直後の写真で見ても極性のミスはありません。
付近が基板表面が焦げているように見えますが、焦げたのは表面に付着していたフラックスが焦げたのみで、拭き取ると基板表面に異常は見られませんでした。
早速、焼け焦げたタンタルコンデンサを撤去しテストしましたが異常は無く音は出ておりますのでこのまま様子を見ようと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

J6K1

Author:J6K1
現在はニワカビギナーカーモデラーをやってます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
月と星と妖精ダストのブログパーツ ver2
検索フォーム
リンク
カウンター

FC2Ad

まとめ

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。