--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-04-25(Thu)

TA2020キット(NFJ) 3号機 その1

とりあえずは何も考えなくて良いショットキーバリアダイオードとDALEの抵抗を取り付けてみました。
DALEの抵抗はさくらやさんから通販で購入しました。
2020_03_a.jpg
2020_03_b.jpg
基板を見てみると日付とReviが更新されていて日付が20130301にReviが6.8になっています。
2020_03_c.jpg
2020_03_d.jpg

私が気づいた違いは、この部分。IC保護回路を取り付ける際のFAultとMute間のパターンカット指定部分のレジストがマスク処理されています。
2020_03_e.jpg
チップ抵抗とチップコンデンサを付けてみました。LED部のチップコンデンサは取り付けません。その代わり2号機同様LED取り付け後にLEDの足に同容量の積層セラミックコンデンサを取り付けることにします。LED部分にはチップ部品用のランドも無いし、セット付属の部品にこだわる必要も感じられません。
2020_03_f.jpg
コモンチョークコイルの取り付け方法について
2020_03_g.jpg
1:特に巻かれてある線材をほどいたりはしておりません
2:熱収縮チューブを取り付けます。色はお好みで。
3:私はフィルタコンデンサを取り付ける際に邪魔にならぬよう基板裏からコイルの足がかすかに出る程度に浅く付けています。
4:浅く付けることにより、線材をほどかなくてもこの後ねじるのに充分な基板とのクリアランスが確保できます。
2020_03_h.jpg
ねじるときには内側の線材の重なりが上下になり内側にはみ出てこないようにねじります。控えめにしていますがこのように取り付ければ、写真よりまだ外側に押し出す余地は残っていますのでMKC1862 0.22μFのような幅広のコンデンサ装着にも余裕で対応可能です。
2020_03_i.jpg
とりあえず何も考えなくて良い部品の取り付けはTA2020IC以外終わりました。裏面のLEDの足部分のセラミックコンデンサも付けてあります。
5V側の電解コンデンサがFWに変わっていますが、これはセットのコンデンサを何かに流用してあった為手持ちの同容量の物を付けただけで深い意味はありません。耐圧が35Vなので12V側にとも思いましたが、耐熱が85℃と低い為レギュレーター側には置かない方が良いかなと思い5V側に取り付けました。
残りの抵抗類は思うところが有り今は取り付けておりませんが、この状態でしばらくは放置することになります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

J6K1

Author:J6K1
現在はニワカビギナーカーモデラーをやってます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
月と星と妖精ダストのブログパーツ ver2
検索フォーム
リンク
カウンター

FC2Ad

まとめ

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。