--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-01-31(Sun)

コルベットピックアップ11

荷台の製作をはじめました。
C4_Pickup20.jpg
日焼けして脆くなり若干ベコベコそしてあまりにも汚いプラバンだったので新しいプラバンを近所の模型屋に買いに行ったのですが運悪く1㎜厚が売り切れ。仕方がないのでなるべく綺麗なところを選んで切り出し表面を均して使ってあります。

合わせてみると縁のラインと全然合わない。普通のZRー1としてラインを出していたので当然でした。再度エポパテを盛りつけ、ガラス板をあてて均してあわせました。
C4_Pickup21.jpg
この個体の紹介記事で実車を二個一したような記述がありましたが、これだけ延長部のラインが異なっていると荷台など後部を新造しZR-1用バンパーなど後期型の部品をASSYで取り寄せて組み上げ二個一はしていないんじゃないかと思います。

さあ、タイヤハウスはどうしよう?ヒートプレスはめんどくさいし良い方法が浮かばないので・・・・
'70C3にパテを盛り少し削ってみました。(現実逃避とも言う)’68C3の後部にも3回目のパテ盛り切削、ノーズのライン調整のパテ盛りをおこないました。
70C3_10.jpg
ノーズ先端外側の形状がいまいち把握できていなかったのですが、バンパーがはずれた状態のノーズの写真を見ることで把握が出来た気がします。

寒くてエポパテを混ぜにくかったのでお風呂に入りながら洗面器にお湯を入れてこねて'70C3には軽量タイプのエポパテを盛りつけたのですが、質感がなんか変で表面が塗料を吸い込みそうな発泡素材状の触感があります。'68C3の2回目では高密度タイプを洗面器のお湯で暖めてこねてあるのですがここまでおかしな触感にはならなかったのです。
カーモデルでの軽量タイプの使用は控えた方が良いような気がしてまいりました。
高密度タイプだと硬化が遅くて使い物にならないイメージがありましたが、クレオスのエポパPRO-Hは普通に硬化してくれますので、空物と違い重量増による脚への負担を考慮する必要も無いのでカーモデルではこれとミリプットで行くことにします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

J6K1

Author:J6K1
現在はニワカビギナーカーモデラーをやってます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
月と星と妖精ダストのブログパーツ ver2
検索フォーム
リンク
カウンター

FC2Ad

まとめ

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。