--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-01-26(Tue)

アリイ70C3その1

プラリペアリキッドの内蓋に亀裂が入った為リキッドが続く限り進めます

実験的に加工した'68C3のボディ加工をたどります。
70C3_01.jpg
サイドステップ後方から20㎜で切断し3.5㎜キャビンの短縮、サイドステップ前方から25㎜で切断しホイルベース延長分4㎜にキャビン短縮分を加えた計7.5㎜延長。

何も考えなくて良いのはやはり早くて楽です。

随所で左右対称が出ていないこのキット、赤い線で示したボディラインが向かって左側が膨らんでいますが、実車のイメージに近いのは向かって右側のようです。
'68C3の時はあとからパテを盛って削るからと後回し医したのですが、加工時にずいぶんと幻惑されてしまったので今回は先に修正を行い鋸を入れることにします。
70C3_02.jpg

ノーズのラインを修正後に峰の内側に薄刃鋸外側は普通の幅の鋸を入れて、左右位置は内側を基準に撮りながら峰の高さを下げプラリペアで高さを固定。
内側の膨らみを切り取りサイズとRを削ったり曲げたり伸ばしたりして調整後に今度は峰の部分を基準に接着しプラリペアでがっちりと固定。
70C3_03.jpg
外側の鋸を入れた部分はフェンダーの詰め幅に平やすりで拡大しておきます。

リアフェンダーに移ります。最近気付いたことですが、C3の左右フェンダーの盛り上がり部は幅が狭く内側に中央部と同じレベルの三角形の平面部があるようです。アリイのキットは左側だけやや三角っぽい部分はあるのですがレベルが高く曖昧な状態です。
70C3_04.jpg

試しに’68C3の該当部分を削り込んでみましたがプラで成形された部分を易々と貫通し補強用のプラリペア盛りつけ部に達しています。
68C3_13.jpg68C3_12.jpg
'68C3も全く放置してあるわけではありません。フロントフェンダーのボリューム調整とか合間々の息抜きにさわってはいます。

今回は先に中央と同じレベルのほぼ平面部を先に確保することにしくり抜いてみると何かがおかしい。同じように穴を空けたつもりが右側がずいぶん幅広になっていました。フロント同様ボディラインがずれていたのかとも思いましたが、エンブレム中央からファストバック部の寸法が左右で異なり左が大きく右が小さい。どちらが正しいかは解らないので右側の方を根本に切り込みを入れ外側にずらして合わせてみました。
70C3_05.jpg

プラバンを裏側から中央部と同じレベルになるようにあてがった状態。プラリペアでがっしりと固定してあります。
70C3_06.jpg
現状では平面部は過大な状態ですが、この先はエポパテで調整を行うつもりです。この手順の方が中央部と同じ平面部を削って形成するよりは遙かに均一で楽ができると思います。

後のピラー部の高さを’68C3に合わせて落としましたので'68C3の方はぶった切りました。
70C3_07.jpg68C3_14.jpg
屋根を取るときに目分量で成形した平面部分のレベルが意外としっかり出ていたことが確認でき驚きました。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

J6K1

Author:J6K1
現在はニワカビギナーカーモデラーをやってます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
月と星と妖精ダストのブログパーツ ver2
検索フォーム
リンク
カウンター

FC2Ad

まとめ

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。