--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-05-22(Thu)

TA2020キット(NFJ) 3号機のリビルド

一度は基板完成としてありましたUSA製のTA2020を使用した基板です。
2020_03_w.jpg

TA2020用ケースが一向に発売される様子が無いのでこれも138用ケースに収めるべく組み直すことにしました。
まず基板から部品を取り外していきます。
2020_03_aa.jpg
ICはコテではんだを溶かしたりすると熱で逝ってしまう事もあると聞くので基板の際で足を切断後ホールに残った残骸を取り除きました。

取り外したIC
2020_03_ab.jpg
取り付けていたときの裏面からのハンダの周り具合で切り外し時に長さが不揃いになってしまいました。
ピンの曲げ直しを行っていますが、一番短いピンでも何とかスルーホールを貫通するくらいの長さはあるので大丈夫でしょう。


実はこの状態で既に1週間ほど放置してありますが気が向いたら進めて行こうと思います。




RSさんに注文したECHU16V0.01μFが届いたのですこし進めてみました。
2020_03_ac.jpg
終端に取り付けてあった0.01μFのセラコンを1ECHU16V0.01μFにリプレイスしました。
端子台の足には基板表面フィルタ部にシルク印刷されている104(0.1μF)の代わりにECHU50V/0.01μFを取り付けました。このあたりは耐圧では無く50V品の方がこの場所には配置がしやすいから選んでいます。
オフセット調整用の可変抵抗の足下の0.1μFのセラミックコンデンサは同容量のPMLCAPにリプレイスしました。
SBDの足はIC取り付けの為に裏面のパッドレベルに切り詰めてあります





面実装の部品を先に取り付けてしまわないと落ち着かないのでIC前部の部品を取り付けましたが、138ケースに入れるのも2回目ともなると書く程の事では無いかもしれませんね。次は完成後にでもしましょうか?
2020_03_ad.jpg
表面に取り付けてあった抵抗器を裏面に移設しました。
V5A入力部を除く104と105にはそれぞれ0.1μFと1μFのPMLCAPを、V5A入力部の104にはECHUをチョイスしてみました。
小型のレギュレータを取り付けレギュレータの足に直接1次側と2次側の積層セラミックコンデンサを付けてあります。
2次側平滑用に22μFのタンタルコンデンサを取り付けました。





動作させるのに最低必要な部品を組み付け試運転を行いました。
2020_03_ae.jpg

動作確認が取れたのでELNA RA5 16V10000μFを乗せました。
2020_03_af.jpg
裏面
2020_03_ag.jpg
フィルタ段のMKC1862 0.22μFは5㎜ピッチのMKC1858 0.22μFに入れ替え、スナバの方は厚みのあるMKC1858がIC保護回路の関係で収まらないのでCMK 0.22μFを使用しました。10Ωは足の長さが足りずPRPが再利用できなかったので断定的にキット付属の支那製をPRP入手まで仮設置。
レギュレータ脇の5Vに22μFのタンタルを追加。


写真撮影後カップリングのMKC1862 2.2μFにECHU 50V/0.01μFをパラで追加してあります。
この後はリアパネルに付けるDCジャックと干渉するIC保護回路のTRと電解コンデンサの付け直しや電源に若干のコンデンサの増設と13.5V定電圧回路との接続が残っていますがそのあたりは前回138ケースに組み込んだ5号機と完全にかぶるので記事にするまでも無くはしょります。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

J6K1

Author:J6K1
現在はニワカビギナーカーモデラーをやってます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
月と星と妖精ダストのブログパーツ ver2
検索フォーム
リンク
カウンター

FC2Ad

まとめ

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。