--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-04-27(Sun)

2020用定電圧基板を作る

In端子の配線が終わり、Adj抵抗器とそれに平行につながる電解コンデンサ、Out端子とGnd端子間の電解コンデンサを取り付けた状態
338_k.jpg
3度目の製作があるか解りませんがこの状態が一番配線設置状況が見える状態なので備忘録的に残しておきます。
付けている電解コンデンサはデータシートで見る限りは容量的に過剰な物になっていますが、このサイズのストックがKZE16V/100μFくらいしか無く、同様にこのあと付ける耐圧大きめで付けられそうなのがKZE50V100μFくらいしか無いので使用しています。
抵抗値での出力電圧ですが、Adj-Out間が120ΩでAdj-Gnd間が1KΩ+300Ωのサーメットトリマになっていますので計算値だと1.25x(1+1000/120)=11.66V~1.25x(1+1300/120)=14.79と言うことになりますので設定は2020の標準定格値である13.5Vに設定することになります。


一次側電解コンデンサの取り付けとGnd配線完了状態
338_l.jpg
電解コンデンサの+側のリードにはジュンフロン線の切れっ端から被覆を抜き取りかぶせてあります。リードの方がすこし太くキツイのですが何とか通せました。ジュンフロン線の被覆だとすっきりとした印象になります。
Gndの配線は各部品のリードを基板から3㎜程飛び出した状態で固定した先を縫うようにジュンフロン線を付けていきます。被覆を必要な長さで分割し1本のジュンフロン線で配線を行っています。
一度反対側に通し戻して外部配線の取り付け位置で固定してあります。


あとはSBDを2個取り付ければ完成ですが、2020キット基板を138ケースに入れようって方で無ければこんな物作る人はいないでしょうね。通常のケースで作るなら素直に秋月さんのLM338を使ったプリント基板キットを使う方が楽に作れます。
回路は定数こそ異なりますが基本的に秋月さんのキットの朴李なので配線図は出せません。秋月さんの販売サイトでご覧ください。

SBDを取り付け出力電圧を13.5Vに設定をして完成しました。
338_m.jpg
線材の曲げ方や配置位置がはっきりしていると考えなくて良いのであっさりと作れましたが、これを使う2020基板を作る日は来るのだろうか?1セットストックはあるし138ケースは3セットストックはある。前回と同じ仕様で作ってもつまらないし138キットほどカップリングコンデンサの選択の幅が無いのも二の足を踏む要因となる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

J6K1

Author:J6K1
現在はニワカビギナーカーモデラーをやってます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
月と星と妖精ダストのブログパーツ ver2
検索フォーム
リンク
カウンター

FC2Ad

まとめ

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。