--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-03-31(Mon)

138ケースでLM4766アンプ(3)

アンプICへの必要な電源ラインの接続を済ませパスコンを付けた後に、負信号入力側が左右取り違えたりしてグダグダになっていたことに気づく
原因はCAD図作成時にベタでのGNDパターンでのGNDラインの太さを検討していたさいあーでもないこーでもないとパターン移動での書き直しをしていた際に取り違えたようでその修正を行うのと同時にミュートから引っ張って適当な抵抗を挟んで負電源側と接続しないとミュートがかかりっぱなしで音が出ないようなのでその配線を行いました。
4766_j.jpg
表面はLchのRCAジャック前の1KΩ抵抗器への配線を左右入れ替えてあります。
4766_K.jpg
裏面ではRCAジャック前の配線を修正しています。
4766_l.jpg
負入力側の修正とミュートからの配線を付け加えてみました。ベタGNDはずらすだけでそれっぽく見せていますが、もしに基板を起こすとしたらベタは作り直さなければならないいい加減な図です。


RCAジャックと接続して試運転を行いました。
4766_m.jpg
右側のオフセットに10Vほど出ていたので回路チェックを行いましたら帰還抵抗の20KがSP端子と導通していなかったので修正を行いましたら直りました。
とりあえず音は出たので今はよしとします


最近見つけたお気に入り動画です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

J6K1

Author:J6K1
現在はニワカビギナーカーモデラーをやってます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
月と星と妖精ダストのブログパーツ ver2
検索フォーム
リンク
カウンター

FC2Ad

まとめ

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。