--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-03-22(Sat)

138ケースでLM4766アンプ(2)

寒さが戻り手を動かし辛いのですが、合間を見つけて少しずつ進めています。
4766_f.jpg
ICへの信号のI/Oはカップリングコンデンサを除き終了しました。
整流用ダイオードを取り付けて25V/1000μFのコンデンサとの結線を済ませACアダプタをつなぎ正負電源が出ていることを確認しました。
LM317/337の取り付け後スペースが空いていたのでAdj端子-Gnd間に10μFのコンデンサ(FineGold)を追加しました。
(スペースが空いた原因はICのパッケージとピン間隔を2㎜ほど大きく見積もっていたため)


あまり意味が無いけどPCB干変更
4766_g.jpg
AGNDとPGNDを繋ぎレギュレータにコンデンサを追加してみました。メモ代わりみたいな物ですね。




レギュレータ周りの部品取り付けと配線を済ませました。電圧は±12Vに設定してあります。
4766_h.jpg

レギュレータ後方はVCCが完了、VEEはコンデンサとIC間が未接続、GNDは未着手と備忘録的なことを
4766_i.jpg
表面のレギュレータピン前に取り付けたコンデンサのGNDは負電源側のレギュレータの足の間に線材を通して裏面で22μFのコンデンサのGNDと接続したりしていますが、1.27ピッチのユニバーサル基板は融通が利いてなれると使いやすいですね。
反面ダイオードやVRやカップリング用コンデンサ等足が太めの部品はピンバイスでホールを拡大しスルーホールを潰さなければ取り付けができない不便な面もあります。
ただ、138ケースに収納するみたいな場合は寸法に切り出すのが楽で良いと思います。


まだ途中ですが6120を進めてみたくなりましたので一時放置することになりそうです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

J6K1

Author:J6K1
現在はニワカビギナーカーモデラーをやってます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
月と星と妖精ダストのブログパーツ ver2
検索フォーム
リンク
カウンター

FC2Ad

まとめ

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。