--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-03-12(Wed)

秋月のPCM2704DACキット(3)

前回ローパスフィルタを取り付けて138ケースに収めるまでやった秋月のDAC基板ですが、RCAの出力が低くて使いづらいのでOPアンプを入れてやつことにしました。

前回取り付けたローパスフィルタを取り外して工事中
AKI2704_e.jpg
秋月から先月買ってあった±15V出力コンバーターよりOPアンプの電源とします。
回路定数については計算するのが面倒だったので☆★ 桐ヶ谷工房 ★☆さんのLXU-OT2改造の記事の丸朴李です。
最終端の300Ωだけは後日音響用抵抗器に入れ替える予定なので取り外しやすいよう足を曲げずに取り付けています。
平滑用にOSコン20V/100μFを使用する予定ですが、ヤフオクでオーダー中なので10φサイズの別のコンデンサで場所を確保しながら部品を並べましたが、CADを使って検討した方が時間はかからなかったかな?と思いました。


モチベーションの低下には困ったもので先月やる予定のことを今月といった感じで何もかもが一月遅れで進んでいます。




平滑用OSコンを除き一通りの配線が終わりました。ただ、DAC基板との配線の結合はまだ行っておりません。
AKI2704_f.jpg
AKI2704_g.jpg
被服線はジュンフロン線の線径0.51㎜の物を使ってあります。
前後に渡した黄色と黒の配線は通常の動作確認後にデジタルアウトを試すための物です。




OSコンの到着を待っていましたが遅れそうなので手持ちのエルナの16V/47μFの電解コンデンサを取り付け動作テストを行い、正常動作の確認ができたので一気にデジタルアウトまで施工しました。
AKI2704_h.jpg

デジタルアウトは基板→0.22μFフィルムコンデンサ→75Ω抵抗器→端子という単純な物です。
あとはなるべく早くケースにデジタルアウト部分の追加工を行いたく思います。





フロントパネル
AKI2704_i.jpg
何も無いのは寂しいのでDAC基板のLEDの位置に1㎜の穴を開け透明伸ばしランナーを差し込みました。
伸ばしランナーはテーパーが付いているので細い方を裏から差し込み少し飛び出るくらいでカット後に一度取り外して切断面を整え、再び差し込んで裏面でカット。
テーパーが付いているおかげで接着剤で汚すことなく差し込むだけで固定できます。


リアパネル
AKI2704_j.jpg
デジタルアウト用の穴を開け、穴開け断面にはプライマーを塗布後にクレオスの模型用塗料の黒色を塗ってあります。




デジタルアウトにはバッファを付けることを勧められたので付けてみました。
使用したICはTC74HCU04AP
http://www.marutsu.co.jp/shohin_18964/
回路はグーグルで検索してヒットした
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2004/0615/n13.jpg
をそのまま使ってあります。

バッファ施工後の表面
AKI2704_k.jpg

バッファに使用したICはDAC基板に隠れて見えにくいのですが、デジタルアウト端子部のコンデンサと抵抗器を入れ替えてあります。


バッファに使用したICの実装状態
AKI2704_l.jpg
IC上部がDAC基板ギリギリの状態だったのでワッシャを入れクリアランスを確保してあります。

基板裏面
AKI2704_m.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

J6K1

Author:J6K1
現在はニワカビギナーカーモデラーをやってます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
月と星と妖精ダストのブログパーツ ver2
検索フォーム
リンク
カウンター

FC2Ad

まとめ

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。