--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-01-08(Wed)

YDA138キットツインモノ再び

昨年の5月に基板を潰して以来ですが、138キットのツインモノを作り直してみました。
基板は昨年6月に買って以来放置してあったRev.11です。ケースやVRや端子類など必要な部材も6月に買いそろえていたのですが、アナログアンプICに興味が移ったのとモチベーションの低下により永らくの放置となってしまいました。

基板の動作テスト状態です。
138_09and10_a.jpg
LchをマスターRchをスレーブとして動作させる予定ですが、スレーブ側は単独でテスト動作させるためマスター/インターナル設定になっています。基板の出力はまだまとめておりません。
この状態でそれぞれ通電し信号を入れ基板ごとの両chから正常に出力がされているのを確認後出力をまとめます。
スレーブ側のR11は既に撤去してあります。
前回は東光のインダクタで組んでおりましたが今回は空芯コイルを選びました。


レイアウトの確認
138_09and10_b.jpg
ケース加工を行いスイッチやVRや各端子類を取り付けフィルタ基板も含めてのレイアウトの確認を行いました。

取りあえずの完成
138_09and10_c.jpg
ヘッドフォン出力部を除き一通りの配線を行い完成とします。VRから基板への入力はテスト時に付けておいたピンを取り外し電源や出力配線同様に基板に直接取り付けてあります。

ヘッドフォン出力はVRの位置が不味かったのでヘッドフォン出力用のコンデンサを取り付けることができないので別基板に載せて出力が出来る様CT3をショートしR2は撤去し、J3のGNDには別基板への接続用線材を一応取り付けて準備はしてあります。別基板に出力用のコンデンサと1KΩの抵抗器を載せ左右の基板の間に置ければ良いなと思っています
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

J6K1

Author:J6K1
現在はニワカビギナーカーモデラーをやってます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
月と星と妖精ダストのブログパーツ ver2
検索フォーム
リンク
カウンター

FC2Ad

まとめ

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。