--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-11-05(Tue)

TA2020キット(NFJ) 5号機 その2

亀のような遅さではありますが着実に進めていきます

2020_05_g.jpg
インダクタを138キット1号機から撤去することで確保できたので取り付けました。度重なる脱着で2個のインダクタの片側の足がぐらついていたので2液性のエポキシボンドで修繕してあります。
あと、表側ではIC保護回路部のトランジスタを取り付けておりますが邪魔にならぬようIC同様に足を曲げ寝かせて取り付けてあります。


2020_05_h.jpg
インダクタを取り付けたことによりICの固定が可能になりましたので固定しました。
1MΩの抵抗器は毎度のことですが、キット付属の鉄足の物ではなくKOAの銅足の物を取り付けました。
レギュレータの足に0.1μFのチップ積層セラミックコンデンサを取り付けました。
IC保護回路のもう1個のトランジスターは表面同様足を曲げ寝かせて取り付けました。



このままではフィルタ回路周りの配置が決まらないのでリアパネルを作りました。
2020_05_i.jpg
RCAジャックはもう少し良い物を使いたかったのですが、パネルに収まる小型品だと限定されてしまいます。
SP端子とのクリアランスは手持ちのRCAコード2種で試しましたがギリギリ使えそうなのでこれで良しとします


2020_05_j.jpg
コモンモードコイルとレギュレータ1次側の電解コンデンサを取り付けました。

2020_05_k.jpg
フィルタコンデンサはスペースの関係上5㎜ピッチで選ぶとなると選択枝はCMK 0.22μFほぼ一択、本当は10㎜ピッチのCMK 0.22μFを使いたかったのですが今回は妥協。
10ΩはPRPの1/2Wは高いのでDALEで妥協、直接信号が通るわけじゃ無いしまぁいいかって感じです。

2020_05_l.jpg
基板後半部は試運転後に若干部材を追加する予定ですが取りあえず完成。パネルと合わせるとこのような配置となります。


音が出る所まで持って行き試運転を行いました。
2020_05_m.jpg
基板のDCin直後にはKZH100μFを取り付けてあります。
カップリングコンデンサにはERO MKT1822 2.2μFを選びました。
VRを取り付け信号ラインにはベルデンの2芯シールド線を、電源ラインはベルデンの単芯を使ってあります。赤色のよじっているだけの線材はスイッチを取り付けるための引き出し線。
電源平滑用コンデンサは一時的にLXZ 2200μFを取り付けてあります。


2020_05_n.jpg
5V2次側には2個の22μFのチップタンタルコンデンサを取り付けました。
表面に付けたKZH100μFとコモンモードコイルの間にピルチョン0.1μFを取り付けました。これにより電源in→100μF電解コンデンサ→0.1μFフィルムコンデンサ→コモンモードコイルのリトルスージー風フィルターを構成してあります。


出入力端子、電源端子周りをあっさりテスターで確認したあと配線を行うとあっさり音が出て一安心。
しばらくこのまま様子を見た後に電源部の詰めを行い完成させようと思います。


電源部の詰め
2020_05_o.jpg
22と19ピン間と25と28ピン間にルビコンMCZ 16V/1000uFを入れるためピン直に着けました。
31ー32ピン間にPMLCAP0.1uFを取り付けていますがサイズが合わないので継ぎ手を使っています。


2020_05_p.jpg
エルナRA5 16V/10000uFをレギュレータ1次側の104取り付けホールに取り付けました。
テスト時に表面レギュレータ1次側に付けていた100uFは撤去し、裏面にピルチョン0.1uFを取り付けてあります。


電源GND間に104を付けようとMCZの足に一度取り付けたのですが、RA5と干渉してしまうので撤去、裏面に付けるしかなさそうなのですがIC直近にコテをあてるのはリスクが高く思案中で今後の課題となりそうです。
OSコン使用に抵抗がなければMCZの所に同容量のSEPを使えば高さが低い分容易に付けられそうではあります。
ただ。OSコン自体否定するモノではありませんがTA2020に限ってですが(TA2024では試していません)OSコン使用は高域に嫌な成分が出るのが気に入らないので使いたくないと思っています。

22と19ピン間と25と28ピン間直下に入れる0.1μFフィルムコンデンサは方策を練っているところです。


裏面の20Kの抵抗器とIC間に収まりそうな0.1μFのフィルムコンデンサがないのでPMLCAPを加工してみることにしました。
PMLCAPの電極に直接銅線を付けることも出来るのですが、電極が脆く剥がれやすいので秋月さんで買った0.3㎜厚のSMDユニバーサル基板を加工して作ることにします。
PMLc.jpg
必要なサイズに切り出しました。1列分ギリギリでもかまわないとは思ったのですが、2列分でも収まりそうなので強度を稼ぎます。

PMLd.jpg
2本の銅線を2枚の基板に橋渡しをして銅線でPMLCAPをはさみ半田付けを行いました。

PMLe.jpg
そのままでは基板に取り付けの際にバラバラになる可能性があるのと、基板の裏面がベタ銅箔が貼られているためショートさせる可能性があるので模型用薄め液でフラックスを洗浄した後、2液性のエポキシボンドでコーティングを行いました。
これで普通のリード部品と同じ感覚で使えるはずです。



エポキシボンドの完全硬化を待って基板裏面のICピン直に取り付けました。
2020_05_q.jpg
IC本体に近いこともありだらだらとコテ先を当てるとICを痛めますので迅速かつ確実に取り付ける必要があります。
鳴らしてみるとピン直の0.1μFはやはり必須であると思いました



フロントパネルを作り、LEDとスイッチを付けて完成です。
2020_05_r.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

J6K1

Author:J6K1
現在はニワカビギナーカーモデラーをやってます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
月と星と妖精ダストのブログパーツ ver2
検索フォーム
リンク
カウンター

FC2Ad

まとめ

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。