--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-09-24(Tue)

お絵かき

前回製作したプリント基板ですが、NFJさんの138アンプ専用ケースでの仕様の際にケース内のリブを削らないと収まらないというミスをしておりましたのでICの向きを変え書き直しているところです。
今回はCADソフトの扱いにも慣れてきましたのでベタGNDを置いてみました。
基板表面
1517_ao.jpg
スイッチングACアダプタでの使用前提なのでフィルタ基板を前回同様に出力端子直前に懸吊する事になっていますので、IC周りの電解コンデンサは前寄りに付ける感じです。
基板前端に付くレギュレータ一次側の電解コンデンサは10φに変更するかもしれません。


基板裏面
1517_ap.jpg
スペース的に今回はパスコンをSMD部品前提で描いておりレギュレータ一次側はMLCCを、二次側-IC間はPMLCAP想定でパッドを置いています。

平行して描いているLM4755の方もかなり煮詰まってきました。
4755_ab.jpg
上の方のポッカリ空いている箇所はフィルタ回路が入りますが、回路の概念提供者から非公開でと言われておりますので1517基板のフィルタ基板同様にGimpで塗りつぶしてあります。


以前にIC縦置きに変更する際には出来なかったフィルタの実装が出来てしまいました。
CADソフトの扱いスキルが上がったという事でしょうね。
表面
1517_aq.jpg
レギュレータ一次側をついでに10φに変更してあります。

1517_ar.jpg
レギュレータ二次側のFBの位置を変更しカップリングコンデンササイズに若干の余裕を持たせることが出来ました。

2枚に分けずに済むとその分安く上がるので良いことだとは思いますが放火ロイドが亡くなるのは寂しいので小さめに放火ロイドのデータを作り直そうとも考えています。


音質には影響の無いLED保護抵抗をSMD部品に変更
1517_as.jpg

前回の基板で配置の詰めが甘かったリアパネル部品の配置を見直しました
1517_at.jpg
ベタGNDのラインが極端に細くなっていた部分があったので若干配線パターンをずらして調整とかしてあります

1517基板は配線ミスが無ければこれで完成かなと思っています。


若干の手直しを行いました。
電源ラインと出力ラインの線幅を60milから80milに増幅を行い、若干汎用性を持たせる為3箇所に基板固定用の穴を設置しました。
1517_au.jpg

1517_au.jpg

4755の方も電源ラインの一部と出力ラインを80milに増幅、1517基板同様3箇所に基板固定用の穴を設置しました。
4755_ac.jpg

4755_ad.jpg

両基板とも画像上部の空白部にはフィルタ回路が実装されます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

J6K1

Author:J6K1
現在はニワカビギナーカーモデラーをやってます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
月と星と妖精ダストのブログパーツ ver2
検索フォーム
リンク
カウンター

FC2Ad

まとめ

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。