--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-09-07(Sat)

TPA1517アンプ その4

ACアダプタの環境が整ってきたのでレギュレータの変更ついでにいくつか手直しを行いました。
1517_aj.jpg
100μFをタンタルコンデンサに変更、電源部の0.1μのピルチョンを撤去して0.01μFのKP1830に換装しました。
1517_ak.jpg
レギュレータを7812から7815に変更し、表面に付けてあったピルチョンをKP1830の足に付けました。

2号機と3号機の現状です。
1517_al.jpg
2号機のIC周りは1号機に準じた物にたっております。3号機のIC周りは基板設計当時の予定部品を実装しています。オフセット調節回路も実装してみましたが、オフセット調節が必要なレベルのICは単独で使ってしまってあるので今後出るまでこの基板を使うことは無いでしょう。
1517_am.jpg
2号機のレギュレータは7812す。3号機は見ての通り1517も78xxも未実装です。

2号機に使う為にSHIZUKIの1μFのコンデンサを2個入りx10セット購入してみました。
SHIZUKI.jpg
容量を量ってみました
1.051、1.058x3、1.060、1.062、1.063、1.065、1.066x2、1.067x2、1.069、1.070、1.073、1.075、1.078、1.080、1.081、1.086
精度は額面通りの10%以内ですが+側-側に分散せず片側のみに集中してくれたおかげでカップリング用途でのペアマッチを容易に取ることが出来そうです。



タカチのケースMX4-7-9BBへの組み込みが完了しました。
1517_an.jpg
電源ラインはいつものベルデンの単線を、信号ラインはテフロン被覆の単線をそれぞれ使用してあります。テフロン被覆の線材は一見細く頼りなく見えますが、これは被覆が非常に薄い為で内部の線径は0.51㎜あります。デュアルモノラル仕様なのでLRの信号GNDはもちろん別です。

カップリングコンデンサ上の空間にかなりの余裕がありますので何か組み込めそうです。


朝鮮語版のファイルが配布されましたので拡散支援アップいたします

再生カウント支援お願いします


ページタイトルとは無関係ですがわざわざこのためにページを起こすまでもありませんので併記します。
いくらもうすぐサービス終了だと言ってもこれは余りにひどいと思うのですが
igoogle.jpg
天気予報コムでは
tenki.jpg
今回が初めてではありません
igoogle1.jpg
スクリーンショットは残しておりませんが真夏に2日とも雪マークの日もありました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

J6K1

Author:J6K1
現在はニワカビギナーカーモデラーをやってます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
月と星と妖精ダストのブログパーツ ver2
検索フォーム
リンク
カウンター

FC2Ad

まとめ

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。