--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-07-03(Wed)

YDA138キット(NFJ) の電源ライン強化

138キットはヘッドフォン機能や設定用のジャンパーが有るおかげでNFJケース使用時に4700μfから一部の10000μF級コンデンサまで載せることが可能である同クラスとも言える2024基板と比べると基板上での電源用コンデンサの搭載スペースが限られ、いくつかのブログにてジャンパー設定を固定化し空いたスペースにコンデンサを置くという記事を見ましたが、別のアプローチでジャンパーレスでの電源ライン強化を行ってみたいと思います。

今回はまず1号機をベースにして施工を行うことにしました。
まずピンヘッダー撤去を行います。
138_01_v.jpg
次にカッターナイフで裏面のGNDに切り込みを入れACアダプタ端子から電源平滑コンデンサまでのGNDラインの分離を行います。
138_01_w.jpg
相変わらずヘタレな施工で、裏面のパッド剥がれ、写真では見えませんがスルーホール抜けをやってしまった箇所も有りますが裏面から線材を入れ表で固定すれば問題はありません。
フェライトビーズ取り付け部の間で表と繋がっているので島を作り周囲のGNDとの分離を行います。
138_01_x.jpg
幅が狭いので前後どちらかにシフトして2箇所にピンバイスで穴を空けた後、レジストを剥ぎます。
138_01_y.jpg
ピンヘッダ取り付け部に適当な線材で設定を行った後、コモンチョークコイルを付けて完成です。
138_01_z.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

J6K1

Author:J6K1
現在はニワカビギナーカーモデラーをやってます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
月と星と妖精ダストのブログパーツ ver2
検索フォーム
リンク
カウンター

FC2Ad

まとめ

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。