--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-03-09(Wed)

アリイ70C3その4

j実験用ボディとも言うべき68C3でやったことを70C3ボディに適用していくことにします。
70C3_13.jpg

68C3ボディとレベルのボディの平面型2ショット
68C3_27.jpg

毒を食らわば皿までというわけでモノグラム85-0885の’82C3のスナップキットと#2945 OWWNS CORNING 427 CORVETTというアイアンバンパーC3ベースの競技用車の2種の1/24表記の物を入手しました
スナップキットの方は1/24であると聞いていたことを自身で確認する事ができました。
もう一点のOWWNS CORNING 427 CORVETTの方ですが残念ながら私にとっては産廃の烙印を押さざるを得ない1/25のキットでした。私にとってはどれだけ出来が良くても1/25は産廃扱いをせざるを得ないのです。
1/48の単発単座機のキットでのたとえですが、国内某社の物は2㎜くらい胴体が短い製品が多いようですが、全長200㎜程の2㎜なら1%程ですのでフォルムさえ狂っていなければ目くじらを立てるつもりはありません。
1/24のカーモデルの中にぽつんと1/25が混ざる事が許容できないのは4%程もの差が出てしまうわけでこれはさすがに許容いたしかねるって事なのです。
今回C3を切った貼ったするにあたっては修正後の着地点を1/24に持っていくという事が命題であったわけでして、ホイルベースを基準にしたのは、鉄バンパーの初期モデルでも後期のグラスファイバーバンパーのモデルでもホイルベースは共通であるしでているデータの全長がどちらの物か解らなくてもホイルベースなら基準に出来るという点、もう一つはかなりの望遠系のレンズで撮られた写真でも曲面の固まりであるC3のボディの全長を基準にするのは無理がありすぎるわけで、その点ホイルベースなら単純に比較がしやすく修正後の着地点を1/24に持っていきやすいと考えたからです。
スポンサーサイト

2016-03-06(Sun)

フジミ F355ベルリネッタ 9

タイトルはあれですが、進めたわけではありません。
前回の報告後、フジミに催促をしてやっと先日送付されてきたリアウインドウの報告です。
残念ながら若干隙間が出来てドンピシャとはいきませんがずいぶんましな物を送付してくれました。
Fujimi_F355_17.jpg

左が送付してきた分、右がキット付属分
Fujimi_F355_18.jpg

部品はランナーに付いた状態で送られてきたので、成形後調整したわけでは無さそうですが、ずいぶん時間がかかったのはどういうわけでしょう?
さきごろF355チャレンジとか価格改定再販がされたようですが、今流通している分が正常であると願いたいですね

で、68C3の現状です。
ボンネットは前端まで鋸でさっくり切り込みを入れボンネット後のスリットのあるパネルとその後のモールの縁取りが入るパネルごと後縁で1㎜程上げて傾斜を付けました。
リア上部の峰のラインは一度撤去してやや内側に1㎜角棒にて新造し、リアホイールアーチ後上部左右は表面のプラスチックが無くなりプラリペアの裏打ちが露出するくらい削りこんであります。
68C3_23.jpg
68C3_25.jpg
68C3_24.jpg

ここまでたのが3/3の記事を書いた直後で、今度こそ納得できるラインが出てきたかなと思いましたがもう一つ確証が欲しかったので今月に入って在庫確認をしていた レベル(モノグラム)1/24 78 コルベット インディペースカーを買うことにいたしました。
C3問いあわせ

今日は届いたレベルのキットを眺めて時間がたちましたが、一段あがったフロントウインドウから来るラインに合わせる為ドア内側に貼ったドア上部にモールが入るラインになる部分の左右幅(ドア上端の左右幅)がレベルのキットとさほど変わらない幅になっているので、レベルのキットのウインドウを透明レジンで複製できれば何とか行けそうな気がしてまいりました。
68C3_26.jpg

eBayの部品販売サイトで見つけたボンネットパネルの写真から割り出し左右から1㎜ずつ程詰めたボンネットですが、幅もフロントウインドウからボンネット先端までの長さもレベルのボンネット部品とほぼピタリと重なる寸法になっていたのは我ながら驚きました。
割り出したといっても延長後のキットのボンネットの長さとeBayの部品販売サイトで見つけたボンネットパネルと縦横の比率計算が根拠でテールの幅の時のナンバープレートのような寸法の基準となる物がないお粗末で確証のないものでしたから(笑
レベルのキットとほぼ一致したことで確証が得られた感じとなります。

2016-03-03(Thu)

アリイ70C3その3

70C3の方も68C3と同様にザックリ切り込みを入れてテール幅の修正を行ってみました。
次いでファストバックの裾が長すぎるようなので5㎜程詰めてみましたが、当然的に太くなる裾のエッジを細くする為に外側から削りこむと案の定穴が空いてしまいました。
後述する68C3でキャビン幅詰めに踏む切っていた為、ここの幅が更に内側に狭くなるので裏打ちは考えずF355のテールランプ直前のボディサイド後端と同様にプラバンに置き換える予定です。
70C3_11.jpg70C3_12.jpg
テールサイドのエポパテ(ウェーブ軽量タイプ)はテールの折り曲げ加工で部分的に剥がれが出た為いったん全撤去しクレオスの高密度タイプに入れ替えてあります。

先行させている68C3の現状
幅詰め終了したテールと上部の峰のラインの幅詰めを行っているフロントの写真
68C3_17.jpg68C3_18.jpg
ボンネットのラインの幅はeBayの部品販売サイトのボンネットパネルの写真より割り出し左右1㎜ずつ程詰めてみました。

ドア上部の断面をエポパテを盛り修正していましたがやはり気に入らないので、結局フロントウインドウ枠を切り飛ばし伽本部の幅を左右1㎜ずつ程詰めることにしました
キャビン中央部の幅が一定の部分を上からステップ部分まで鋸で切り込みを入れ、ステップ上部を支点にサイドの峰の部分で1㎜狭くなるようにして固定し前後をそれに併せて削りこんで調整してみました。
68C3_19.jpg68C3_20.jpg
右サイド未処理、左サイド幅詰め処理中

まだ幅詰め佐合は完了していませんが左前後の状態はこんな感じです
68C3_21.jpg68C3_22.jpg

まぁこれでキット付属のウインドウ部品は使えないこととなりどちらのC3も完成からは遙かに遠のいてしまった感があります。
プロフィール

J6K1

Author:J6K1
現在はニワカビギナーカーモデラーをやってます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
月と星と妖精ダストのブログパーツ ver2
検索フォーム
リンク
カウンター

FC2Ad

まとめ

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。