--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-01-31(Sun)

コルベットピックアップ11

荷台の製作をはじめました。
C4_Pickup20.jpg
日焼けして脆くなり若干ベコベコそしてあまりにも汚いプラバンだったので新しいプラバンを近所の模型屋に買いに行ったのですが運悪く1㎜厚が売り切れ。仕方がないのでなるべく綺麗なところを選んで切り出し表面を均して使ってあります。

合わせてみると縁のラインと全然合わない。普通のZRー1としてラインを出していたので当然でした。再度エポパテを盛りつけ、ガラス板をあてて均してあわせました。
C4_Pickup21.jpg
この個体の紹介記事で実車を二個一したような記述がありましたが、これだけ延長部のラインが異なっていると荷台など後部を新造しZR-1用バンパーなど後期型の部品をASSYで取り寄せて組み上げ二個一はしていないんじゃないかと思います。

さあ、タイヤハウスはどうしよう?ヒートプレスはめんどくさいし良い方法が浮かばないので・・・・
'70C3にパテを盛り少し削ってみました。(現実逃避とも言う)’68C3の後部にも3回目のパテ盛り切削、ノーズのライン調整のパテ盛りをおこないました。
70C3_10.jpg
ノーズ先端外側の形状がいまいち把握できていなかったのですが、バンパーがはずれた状態のノーズの写真を見ることで把握が出来た気がします。

寒くてエポパテを混ぜにくかったのでお風呂に入りながら洗面器にお湯を入れてこねて'70C3には軽量タイプのエポパテを盛りつけたのですが、質感がなんか変で表面が塗料を吸い込みそうな発泡素材状の触感があります。'68C3の2回目では高密度タイプを洗面器のお湯で暖めてこねてあるのですがここまでおかしな触感にはならなかったのです。
カーモデルでの軽量タイプの使用は控えた方が良いような気がしてまいりました。
高密度タイプだと硬化が遅くて使い物にならないイメージがありましたが、クレオスのエポパPRO-Hは普通に硬化してくれますので、空物と違い重量増による脚への負担を考慮する必要も無いのでカーモデルではこれとミリプットで行くことにします。
スポンサーサイト

2016-01-26(Tue)

コルベットピックアップ10

ルーフとピラーの段差、その境目の檄ミゾが気になったので手を入れてみました。
C4_Pickup17.jpg
ピラー上部に0.3㎜プラバンを貼り、ルーフ側にはミゾに立てて0.3ミリプラバンを貼りはみ出た部分を削って調整してあります。

ドアのスジ彫りを行い、ノーズが薄すぎるようなのでエポパテを盛り削り直す予定です。
C4_Pickup18.jpg

荷台の枠の前側を取り付けました。
C4_Pickup19.jpg
窓が付くパネルのプラバンは合わせ確認で添えてあるだけでまで接着はしていません。

荷台に取りかかろうとしたところでプラリペアのリキッドの内蓋に亀裂が入っていることを確認しました。
いつものことなのですが注意して内蓋の脱着を行っていてもいつの間にか亀裂が入ってしまいます。
こうなると使わなくてもすぐに揮発して無くなってしまうので、もったいないし使い切らなければなりません

ZR-1スパイダーでもと思いましたが、揮発していくので検討する時間がもったいない。
そういうわけでアリイの'70C3の'68C3に準じたボディ加工をプラリペアリキッドが続く限り行う事にいたしました。

2016-01-19(Tue)

コルベットピックアップ9

ノーズにエポパテを盛り、フェンダー前のエアアウトレット部はくり抜き貫通させています。荷台部の加工を始めましたが、この個体のテール上部はZR-1とは似て異なる造形であった為修正もついでに行う事とします。
C4_Pickup13.jpg
ノーズ部のエポパテはミリプットを使用しています。薄く塗りつけるときは水で紙粘土状になるこのパテは便利なのですが、薄すぎました。

ピラー後部にRが付いた部分があるので三角棒を貼り付けましたが今は強度確保の為左右に渡した状態で進めることにします。
C4_Pickup14.jpg

アリイのキットでは完全に無視されているボンネットフード後端の出っ張りを形成しました。表側にマスキングテープを貼り付け、裏側からプラリペアで増築してあります。
C4_Pickup15.jpg

テールランプの形状修正を行いました。当初はモノグラムのキットに頼らず意地でも自己造成しようと思っていましたが、あちこちの削りに疲れ果てたのでおゆまるでモノグラムのキットの型を取り、光硬化パテで処理というズルをしました。加減が解らず荒れています。あとはサフ塗装後ラッカーパテで調整します
C4_Pickup16.jpg

2016-01-15(Fri)

コルベットピックアップ8

昨夜までにここまでやって書く気力が無くなって終了
モールの上下にプラバンを張り込みひたすら削って形状を出しました。
C4_Pickup10.jpg

ドアにマスキングテープを貼り断面を見やすくしてみました。
C4_Pickup11.jpg
リアのホイルアーチ下部とかも幅の拡大を行っている状態が見えます。

これによりエンジンカウルのホイルアーチ後部のラインも立たせる事ができました。
C4Fフェンダー後部
フロントフェンダー幅とホイルアーチのサイドモール部分の幅に差がないので自然に垂直に近い角度になります。アリイのキットはモールに向かってえぐれるような断面になるのでこのラインも内側にえぐれてしまっていました。

一番の難物ともいえるボディサイドの形状の見通しが立ったので、細かいところの修正に移ることができます。
ノーズの修正で短くなった先端部の修正に備えプラバンの細切りを接着しました
C4_Pickup12.jpg
いきなりエポパテを盛っても良いのですが、プラバンで境目を作った方がシャープになるかなと就寝前に思いついたので貼ってみました。

ボディサイドを削るのに疲れ果ててしまいましたので、今はここまでで

2016-01-13(Wed)

コルベットピックアップ7

プラバンを張り込む準備としてピラーを増築しました

今度こそピラーの高さ修正は最後に行う事にいたします。当初2㎜ほどの高さで貼っていたのに二度手間です。

モール下に張り込む前に改めてモノグラムのキットを観察してみました。ノギスで幅をはかるようにはかるとモール直下の部分は垂直に近いくらい立っています。水色の部分にプラバンの帯を入れてから貼る事にします。
キットのドア断面3
へたくそな絵がなお見づらくなったのはInkscapeが落ちたからで、もう一度書き直す気にもなれずGIMPで線引きしました。


アリイのC4を今後作るかで
           ハ,,ハ
         iレ( ゚ω゚ )`l    お琴割りします
      .__ |l | f _____U_
     l`l`ξ レ ζ==`l`l バキーンッ !!
       `⌒)宀宀(⌒  ̄ ̄
と大見得を切ったのですが、偶然見つけたZR-1改装のスピードスターを見つけてしまい形にしてみたくなりました。
モノグラムのZR-1は現在特に入手性が悪いのでアリイベースとなると思いますが、アリイキットの問題点はあらかた洗い出してあるので今回ほど時間はかからないでしょう。


今日はあまり手が動きません。フロントフェンダー高さ修正が済んだので比較してみましたが良い感じ?。
68C3_05.jpg
上から実車、中がショートデッキロングノーズ化+フロントフェンダー高さ修正、下がキットノーマルです。修正文の写真を撮る際養生のためのマスキングテープを貼ってある為フロントウインドー前縁位置が解りづらくなってしまいました。


アングルを変えてもう一枚。
68C3_06.jpg
フェンダーの盛り上がり部は一度くり抜いた後サイズ調整し高さが合うように貼り付けてプラリペアを充填してあります。フェンダー盛り上がりの開始地点が内側過ぎるので外側にずれるようざっと削ってありますが、リトラクタブルライト部やボンネットの位置とサイズを確定させた後再度調整します。

C3ですが幅調節は後回しにしてリアフェンダーの峰の高さとリアピラー部の高さと側面型を先に手を入れてしまう予定です。
プロフィール

J6K1

Author:J6K1
現在はニワカビギナーカーモデラーをやってます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
月と星と妖精ダストのブログパーツ ver2
検索フォーム
リンク
カウンター

FC2Ad

まとめ

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。