FC2ブログ

--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018-09-07(Fri)

1/48Ki-61 2型改 その1

模型をさわるモチベーションが一気に失せて放置し、昨年10月にセキセイインコの雛鳥をお迎えしたこともあり遠ざかっていましたがボツボツ手を動かすことを再開しました
今年2月に不注意からすごくなついていたこの子を飛び立たせてなくしてしまいポッカリと心に穴が空いた日々を過ごしたりもしていました pino1.png (この写真を撮影した数時間後の出来事でした)

本題に入ります
ベースキットはハセガワ1/48のKi-61 1型丁で3年程前に着手して放置してあった物
薄赤の部分は同社Ki-100から切り取って貼り付けてあり裏側はプラバンと黒瞬着でガチガチに固めてあります
薄赤の部分は3年前に施工済みでブログ記事にすらしておりませんでしたが、今回機首部の延長工事を施工しました
排気管開口部直後で3ミリ、機首部で3ミリの計6ミリの延長となります
機首部には大きくなったスピナー径で円盤状に加工したプラバンを接着しクレオスの高密度タイプのエポパテで成型をざっと行った状態です
Ki64_2_001.png 
実機が重心位置の補正のため1/48で1.67ミリ程主翼位置を前進させておりますので、その部分の胴体とのフィレットの繋がりをどうするかで思案中でしばらく手が止まりそうです

3年前に着手したときはコクピットはどうするかとか妄想を膨らませておりましたが、完成する目処が全く立たなくなるため、今回はさっさと胴体左右の接着を行い機首も延長し形にすることを優先させる方向にシフトしました

飛行機模型の場合コクピットの作り込みを行おうとしたら胴体左右の接合が躊躇われるのが難点ですね
特に改造とか行おうとした場合度のタイミングでコクピットの作り込みを行うとか悩む点は多いですが、今回は基本キットストレートでシートベルトの追加程度でと割り切ることで先に進むことが出来ました
スポンサーサイト

2016-10-13(Thu)

ステレオ 2016年8月号付録スピーカーユニット

夏恒例のステレオ誌付録スピーカーを先頃やっと形にしました。
箱を考えるのが面倒なので例年同様同時発売のムック本の板材キットを使用しています。
これまでは遅くとも1週間ほどの内に形にしておりましたが、今年はモチベーションが全く上がらず何をする気も起こらない重度のモチベーション低下状態を維持しています。
ステレオ 2016年8月付録
デリケートなアルミ振動板保護には当初同紙で紹介されていた共立電子さんのを買おうと思いましたが、一回り大きなファンガードを使う仕様の為止めにして、近所のマルツ電波さんが展開しているLV2.0のデモ用にFOSTEXのかんすぴでファンガードを使用していたのを思い出し近所のマルツさんの店舗に行きました。
店長さんがそのサイズの物は自店の在庫取扱商品ではなく、デモ用に使用しているのも取り寄せたということで、取り寄せでは時間がかかるので、7cm用の物を通販で買った方が良いと丁寧に教えてくれたので内径3mm厚さ3mmのスペーサーのみ買ってファンガードはアマゾンで買いました。
結果としてスピーカー固定ネジと共締めすることが出来シンプルに仕上がったと思います。
ムック本使用の箱全体の写真とかは出回っておりますのでファンガード装着状態の部分写真のみとします。

2016-08-07(Sun)

1/24 C4キットをまとめてみる

モノグラム
1984 クーペ(スナップキット) ①
1985? クーペ(スナップキット) 
1985 クーペ ①
1987 コンバーチブル ① 黄色いボディのインディペースカー仕様
1987 コンバーチブル ①ブルーフレークを銘うったメタリックブルー成形仕様←
1989 ZR-1(プロトタイプ) ②←
1991 コンバーチブル 
1991 ZR-1 ①
1992 コンバーチブル ①
1992 ZR-1 ①
1993 コンバーチブル 40thアニバーサリー ②
1995 ZR-1 ②
1995 コンバーチブル インディ500ペースカー ①+デカール使用不能なジャンク①←
1996 コンバーチブル グランドスポーツ ①
年式不明 スピードスター(スナップキット) ③
年式不明 スピードスター callaway cars仕様 ①

実車の販売期間が長く多品種のキットが販売されてはいるが、シャーシーの一部がボディ側に一体成形されている為に本気で研ぎ出しして仕上げようとすると非常に難易度が高いキットであると思う。
85_87C4.jpg
(左'85クーペと右'87コンバーチブルこの状態で20年近く絶賛放置中)

20160/08/05追記
作れないけど更新停止中に無駄にキット増殖中(2台追加(笑))
20160/08/07追記
1995 コンバーチブル インディ500ペースカーのジャンク追加(笑)
普通に'95使用のコンバーチブルとして作れるし安かったから・・・

有井
1992 クーペ
1992 コンバーチブル
1992 ZR-1

生産休止中らしいとはいえ流通在庫量も多く各地の模型店やヤフオクで容易に入手が可能、モノグラムの物とは違い普通の部品分割で組み立ては至って容易ではある。
問題点は3種ともZR-1のワイドフェンダー仕様になっている。ZR-1にはコンバーチブルが存在しないのとコンバーチブル特有の車体補強用のX-ブレースが無いためコンバーチブルとしてはおかしな事になる。クーペとして売られている物はZR-1を示すデカールがない。
細かいことだが、シャーシーに刻まれているラジエーターファンはZR-1のツインファン仕様になっている
ZR-1ベースでコンバーチブル改造されることがあり得ないわけではないでしょうけど、ノーマル車としてはZR-1以外にはならない。クーペはちゃんと標準ボディでモデライズされていればモノグラムより'91以降の非ZR-1クーペが発売されていないので貴重ではあったのでしょうけど非常に残念に思います。

写真はピックアップに改造中のC4

解説では'84モデルと'91モデルの後部を合体させたみたいに書いてありますが、正確にはZR-1の後部を延長して合わせてあるようです。
初見ではZR-1のエンブレムを洒落でつけてるだけかと思いましたがリアオーバーハングの下部の断面形状がリアフェンダー部をワイド化させたZR-1の特徴を表しています。
内装は完全に初期型の物で、フロントバンパーとフロントタイヤ後部のエアアウトレットは'91モデル以降の物をレトロフィットさせているようです。
貴重なモノグラムのキットを切った貼ったするわけには参りませんので、安価な有井のキットでとりあえず2個1して合わせてみましたが、有井のキットは全モデルがZR-1のワイドボディ仕様となっており、後部の延長には好都合の様ですが、ドア下部からサイドシルにかけての断面型やドアの幅(厚み)がワイド化されたフェンダーに合わせて後部にかけて広くなっている事の修正とか前途多難になってしまいそうです。
有井のキットはリアグリル周りの形状が変なのでその修正も行わなくてはなりません。

切った曲げたで無理矢理接続の図、ドアのあちこちが割れてしまいましたが裏打ち補強を入れるので無問題

続きを読む

2016-05-16(Mon)

フジミ カレラ4 その4

リアシートの座面の縁取りを直す前にキットの後部座席足下部分が930タイプのままという事に気付きましたので修正を始めています。
黒く塗ってしまえばほとんど見えないのでどうでも良いような部分ではありますが、気付いてしまったら修正に入るのが悲しい性なのでしょうか?膨らんだこの下にはドライブシャフトを通す為とミッションの一部がある為だと思うのですが、RRモデルのカレラ2も同様の処理がされています。930モデルと比べて後部座席の居住性は劣化しているようですね。
きっちり直そうとしたらセンタ^コンソールを丸ごと作り直さざるを得ないので雰囲気だけの修正にとどめます。
Carrera4_05.jpgCarrera4_07.jpg

リアシートの座面ですが、2種類見受けられまして89年モデルのごく一部にはキットの様な感じ、ただ座面のクッションはただ乗っけました感が強い極初期がた?(この場合だとカーペット地の部分と別体感を出す必要があり)タイプと一般的な丸く縫って縁取られた物の2種類があるようです。89年型として販売されている中古車両でのみ2種類のタイプがあるようなので極初期なのかなと思った次第です。
いずれにせよあまりこだわっていると完成しなくなりそうなのでどちらかに決めてさらっと終わらせる予定です。

2016-05-04(Wed)

フジミ カレラ4 その3

コンパウンドは以前よりワークから発売されていたマディカルワンというノンワックスのリキッド状コンパウンドを愛用していたのですが、古くなり乳化していた物が研磨剤が完全に分離し容器底で固まっている状況で振っても使えそうにないので、似たような製品を探し購入しました。一緒に買ったポリ瓶は中栓無しで漏れないという物で似たような物を何かの薬品の空き瓶として頂き物で持っていましたが近所のホームセンターでは見つからなかった物があったのでついでに10本ほど買ってみました。
mono0502.jpg
何も考えずに買ったのでコンパウンドの容器の大きさに愕然としました。より目が細かいNo3000の方はクリアパーツ用にと思っています。

久々にコンパウンドを使ったのですが、最近のコンパウンドの研磨力ってすごいですね。2000番ペーパーで均して準備はしていましたが、30分もかからず磨き終えることが出来ました。
Carrera4_06.jpg
開封からドアノブなどの修正、サフ吹きボディ色塗装まで2日で一気にやったせいかヒケ処理の不十分な部分が多々みられますが、習作という事で今回はこのまま完成まで持って行くつもりです。
プロフィール

J6K1

Author:J6K1
現在はニワカビギナーカーモデラーをやってます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
月と星と妖精ダストのブログパーツ ver2
検索フォーム
リンク
カウンター

FC2Ad

まとめ

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。